「聖ヨハネ二十三世 平和の教皇」はこちら

お知らせ

「カロル」推薦のことば

浦田慎二郎(サレジオ会司祭、ドン・ボスコ研究家)

観終わってただ一言、「強烈」……。ヨハネ・パウロ二世の教皇になるまでの人生のあまりのドラマに圧倒されました。これほどの痛みと苦しみを背負った人間だからこそ、全教会の上に立つ人間に選ばれたのだということが「強烈に」伝わってきます。今の自分の生き方の生ぬるさを反省させられ、どんな状況においても忍耐と希望と愛をもって強く生きていくという非常に当たり前のようなことが、実際にはどれほどの意味をもつのかを教えられるDVD。現代の教会における信仰的生き方・考え方を、カロルが自分の人生をとおして新たに見いだしていく過程も非常に興味深く描かれ、見どころの一つとなっています。


「『カロル』を見たか」

晴佐久昌英(カトリック司祭)

702bbe3339976bd00d70147d93608852

こうして、聖ヨハネ・パウロ二世教皇様の映画の推薦文を書けるなんて、なんと光栄なことだろう!
たぶん筆者は、聖ヨハネ・パウロ二世の訪日ミサ、大聖年のワールドユースデーミサ、葬儀ミサ、列聖式ミサの、すべてに出席した唯一の日本人だと思うが、この教皇をわが親と慕ういわゆる「パパチルドレン」としては、ただただ、敬愛するこの「パパ」の映画を一人でも多くの人に見てもらいたいという気持ちでいっぱいである。
見れば、分かる。このパパが若いころからどれほど重い十字架を背負ってきたか。それでいながら、どれほど強くしなやかに信仰と希望を保ち続けてきたか。多くの困難の中で、司祭、司教としてどれだけ人々を愛し、教会を愛し、キリストを愛し続けてきたか。だからこそ彼は教皇に選ばれ、人々に愛され、世界を導くことさえ出来たのだ。
映画で扱われているのは彼が教皇になるまでだが、一つひとつのエピソードに感動して涙を流しているうちに、「なるほど、だから彼は教皇としてああ言ったのか、だからあのように行動したのか」と目を開かれる思いがして、いっそう親愛の情が増した。ちょうど一人の息子が、亡き父の若いころを知って、いっそう父への理解と愛情を深めるように。
ヨハネ・パウロ二世の帰天後、彼をもっと知るために、ゆかりの地を回る巡礼旅行を三回に分けて行ったのだが、行く先々で現地の人に聞かれたものだ。「『カロル』を見たか」と。「まだだ」と答えるたびにひどく悔しい思いをしてきたのだが、このたびついに日本語版が出ることになって、本当にうれしい。
改めてこの作品を見て、彼らが「『カロル』を見たか」と、目を輝かせながら尋ねる気持ちがよく分かった。その画面には、今も現実に人々を救っている、生きたキリストが映っているのだから。
おかげでこれからは、こちらが聞いて回る番になった。「『カロル』を見たか」、と


「カロル-教皇になった男」推薦文

ヨゼフ・ピタウ(カトリック教会大司教)

fd2be940a2a147456dacab01eb7b8b0f1

「本物だ!!」と強い衝撃をうけた。1981年、来日された教皇ヨハネ・パウロ二世が、夜、ひとり寝所を抜け出され、聖堂で祈っておられる後姿を見た時のことだ。
祖国ポーランドのあまりに過酷な歴史の中から、これほどまでに深く、大きな愛の教皇が生まれた。
この偉大な教皇様の誕生までの半世紀を、ぜひ、あなた自身の目で見て、深く心に刻んでほしい。

ヨゼフ・ピタウ
カトリック教会大司教
元上智大学学長 元バチカン教育省局長


  • 1