「聖ヨハネ二十三世 平和の教皇」はこちら

私も見ました!

『カロル』は想像していた通りのいい映画でした。

 『カロル』は想像していた通りのいい映画でした。ショパンの名前が出て来
て、曲が流されると、『戦場のピアニスト』を思い出してしまいました。
 教皇パウロ2世が、なぜあんなに情報メディアに力を入れたのか、そのことが
よく理解されました。「愛」を「銃」に代えて言葉で平和を訴え続けた人だから
こそ、メディアが重要なのでしょう。
 『イーダ』『シャトーブリアンからの手紙』もナチの残虐さが浮き彫りにされ
ています。第二次世界大戦が終わって70年ということが、ヨーロッパの映画に
も反映しているのでしょうか。(東京 50代 男性)


日本を訪問された教皇ヨハネ・パウロ二世の生まれる背景が大変よく理解できました。

日本を訪問された教皇ヨハネ・パウロ二世の生まれる背景が大変よく理解できました。ポーランドの過酷な社会状況が良く理解できます。
そのポーランドのもっとも辛い時期に青年期を過ごしたカロルだからこそ、弱い人の立場に寄り添い世界中を回ったのかとこの映画をとおして実感できました。
大変説得力のある映画でした。周りの友人達にも是非勧めます。(東京都世田谷区:60代女性)